FXシストレ実践日記

勝てるEAを探して四苦八苦

Iron Wolf NEとPP003

「Iron Wolf NE」とポートフォリオプロジェクトの「No.3ロジック」について。

購入した当初から似ているな~と思っていたものの、
若干改良しているっぽいし、5月は差がついた結果となり気になったので、
直近だけですがバックテストで比べてみました。
あと、いくつかのブローカーでIron Wolf NEのバックテストもついでにやってみた。


◎バックテスト期間
MT4で自動的に取り込まれたプライスデータのみ。
不整合チャートエラーが若干出ていますが気にせずにいきます。
取り込めた2017年1月23日から6月23日までの約5か月。
期間が短いですが、ブローカー毎の素のデータのほうがいいと思ったので。
◎取引ロット:0.1固定
◎ポンド円

図1. ポートフォリオプロジェクトの「PP003」
TitanFX  スタンダード口座

損益額:-64946.10
取引回数:70 
PP003_Titan-standard

図2. Iron Wolf NE
TitanFX  スタンダード口座

損益額:-107301.80
取引回数:73
IronWolfNE_Titan-standard

同じブローカー・口座種類も同じ環境のテストを比べてみた。
グラフの形が近くロジックは共通する部分が多いと思いますが、
PP003のほうがより慎重にトレードし、
そのおかげかドローダウンをある程度回避していました。
てっきりほぼ同じEAと決めつけていたので、これはうれしいオドロキ。
まあ、期間が短いし今後どうなるのかわからないですが、、(;^ω^)

---------------------------------------------------------------------

次に、
Iron Wolf NEでは、外付け手数料あるなしで影響があるのか?

図3. TitanFX  Blade口座(外付け手数料有り)
損益額:-103437.80
取引回数:73
IronWolfNE_Titan-Blade

外付け手数料不要のスタンダード口座の結果は図2と同じになります。
スプレッド調整したため参考程度になりますが、概ね似たような結果になりました。
取引回数は同じ73回。
損益額 スタンダード口座 -107301.80円、Blade口座 -103437.80円。
外付け手数料有りか無しかでは、ほとんど影響はなさそうです。

---------------------------------------------------------------------

最後に、
Iron Wolf NEをどこで動かすを決める。
今年に入ってからやけに負けが多いですので、
少しでもましなところで稼働させたいですね~。。

図4. MYFX Markets pro口座 (新サーバー「US01」)
損益額:-103966.20
取引回数:76
IronWolfNE_MYFX-pro_new server

図5. MYFX Markets pro口座 (旧サーバー「US09」)
損益額:-82146.40
取引回数:71
IronWolfNE_MYFX-pro_old server

図6. Axiory nano口座
損益額:-86493.10
取引回数:72
IronWolfNE_Axiory-nano

図7. Axiory nano デモ口座
損益額:-76673.10
取引回数:72
IronWolfNE_Axiory-nano_demo

図2.3.4.5.6.7の中から決めます。
Axioryデモ口座を加えてみた理由は、有効期限なし(トレードしているなら)。
ちょっとしたワケあって、MYFXの新サーバーにトレードを集中させたかった。
XXXXXOO△△すればデモ口座でもどうにかなりますよね?!

単純に損益順(マイナスが少ない順)。
① 図7. Axiory nano デモ口座
② 図5. MYFX Markets pro口座 (旧サーバー「US09」)
③ 図6. Axiory nano口座
④ 図3. TitanFX  Blade口座
⑤ 図4. MYFX Markets pro口座 (新サーバー「US01」)
⑥ 図2. TitanFX  スタンダード口座

バックテスト期間が短くて信憑性が大いに欠けますが、
Axioryデモ&ライブ、MYFXの旧サーバーの3つがいいですね。
改めて、「Axioryでは何故かわからんがEAの成績が良くなる」が強化された気がする。
しかしMYFX Marketsには困りました。
前々から体感的にも新サーバーになってから微妙だなと思っていたので。
しかも新サーバーではIron Wolf NEの取引回数が増えているのが気になる。
先週も他より1回トレードが多くて、しかもSL突き刺しという。(これは仕方ないけど)
それでも、ちょっとしたワケがあって、この新サーバーでIron Wolf NEを動かしたい。
でも新サーバーでは負けを量産してしまいそう....。
そこで奥の手!
Axioryのデ●口座を使う!
どうこうするとはここに書けないですが、結構有名なやり方ですよねー(;^_^A
(お勧めしているわけではないです・・)
実はミルトンマーケッツでトレードするのに、これが重宝している。
あそこはGMTゼロ業者ですから、相性悪いEAがあるんですよね。
Iron Wolf NEなんかもそう。

もしAxioryデ●口座をNGにするなら、ダイレクトにAxioryライブ口座を使うことにします。

スイングEAでもブローカーによって、
こんなに違いが出るとは思っていなかったので、
あらためてブローカー選びは大事だなーと思いました(月並み)(^_^)

2017年5月のEA成績

2017年5月1日~31日までの
EA別月間成績を(久々に、今年初、、)集計しました。

注目されていそうなEAのみを計算しただけですが、
先月は負けが目立ちました。

今回から集計をするのに強力なアイテムを使いました。
「EAの運用状況が一目でわかる!」というインジケーターです。
ブレイクスキャルシステムでおなじみのしがないあらさーさん作です。
これはEAの損益をチャート画面上に、
金額やpips単位で集計したり、最大ドローダウンを表示してくれたりして、
EA別の成績状況を一目でわかりやすく管理できるスグレモノです。
外付け取引手数料を含めた集計結果を表示することもできるので、
myfxbookでは不可能だった要手数料口座の実質的なpips計算を可能にしてくれました。
これには助かりました~!
しかし、myfxbookとこちらのインジでは集計結果が若干ズレるときがありますね。
何故だろう?


以下、EA別の成績です。
数字の単位はpipsです。
外付け取引手数料相当分もpipsに換算し引かれています。

ポートフォリオプロジェクト
TitanFX (スタンダード)
・PP001(EURJPY)  -148.1
・PP002(EURUSD)  -63.9
・PP003(GBPJPY)  +62.1
・PP004(GBPJPY)  -81.6

Alpha Wave Trader
TitanFX (スタンダード)
・GBPJPY  -559.0
・EURJPY  +25.8
・AUDJPY  -116.2

MB-Trading System
(5月8日から)
  TitanFX
(Blade)
IC Markets
(TrueECN)
Tradeview
(ILC)
・EURUSD -44.0 -45.5 -47.7
・USDJPY +26.4 +72.8 -78.2
・GBPUSD -80.1 -53.3 -106.9
・AUDUSD -49.9 -49.1 -15.2
合計 -147.6 -75.1 -248.0

YBScalper USDJPY V1

FXTF
・MAX3ポジション -72.5
・1ポジション固定 +11.0

鳥EA RSI ver3.8 EURUSD
Milton Markets (プレミアム)
・EURUSD  +31.9

Color Your Life V2
FXTF
・USDJPY  +141.3

一本勝ち
OANDA JAPAN (プロコース)
・USDJPY  +97.4

Iron Wolf NE
TitanFX (Blade)
・GBPJPY  -192.6

SCH-Trend System
MYFX Markets (pro)
・GBPJPY  -163.5

Storm Trader
MYFX Markets (pro)
・EURJPY  -166.3

PF1.26 EURUSD
Axiory (nano)
・EURUSD  +17.8

BandCross3

TitanFX (Blade)
・EURUSD  -17.7

ForexAdore
TitanFX (Blade)
・USDJPY -141.4

RR Hippo V2
MYFX Markets (pro)
・USDJPY  +131.2

ブレイクスキャルシステム
OANDA JAPAN (プロコース)
・EURUSD  -14.1
・USDJPY  -14.2

Momentum EA

MYFX Markets (pro)
データ煩雑により集計困難につき、H1だけをまとめた。
全13通貨ペア(0.01ロット)
合計 +6,239円 ←pips集計は面倒なので金額で..(;´Д`A ```


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

5月はポンド円スイングがやられました。(今年はダメですね)
しかしポートフォリオプロジェクトのPP003はプラスでした。
PP003って、IronWolf NEにかなり似ていると思っていたんですが、はて?
ブローカーは同じですが、手数料あるなしの違いが原因のひとつなのか、
少々興味深い結果になったなぁと思います。
6月からIronWolf NEはMYFX Markets pro口座へ移行しましたが、
これも手数料が必要な口座ですから、経過を見ていきたいです。
もしかして、スイングEAは手数料不要な口座と相性がいい傾向あり?(関係ないか..)

MB-Trading Systemは3つのブローカーで動かしています。
5月はIC Marketsが最もマイナスが少ないという結果に。
TitanFXとIC Marketsは感覚的にはさほど変わらないという印象でしたが、
集計してみると思いのほか差がでましたね。
一方、Tradeviewは壊滅でしたが。。。
僕の口座では4月中旬から滑りがひどくなり、それが足を引っ張りました。
しかし、6月に入ってからは徐々に滑りが穏やかになってると思います。
今月は頑張ってくれと天に祈るような気持ちです、笑。

Momentum EAがH1だけまずまずでしたが、他の時間足がこれまたひどい。
M15のConservative modeを追加しバージョンアップする予定だそうだが、
それを機に回復してもらいたいものです。。
V4.3からナント1500ドルへ価格アップするそうで、なんじゃそりゃーって感じだ。
(※追記:再度見てみたら、V4.3へバージョンアップされていました。)

先月下旬からHYIP投資をはじめました。
第一弾は「BitConnect」という暗号通貨を扱った案件。
日利約1%なんですが、まだ出金していないので信用できるところかわからない。
250~300ドルくらいずつ貯まったら出金してみたいと思っている。
とにかく元本分だけは出金しておきたいです。
決しておすすめではないです。
というか、HYIPは最後に業者が飛ぶところが多く、リスクがマックス高いですね。


残すところあと1週間、6月はEAたちに頑張ってもらいたいです。(6月もビミョ~)

クレジットカードが不正利用された...(fx-onが原因か?)

fx-onで個人情報(クレカ情報など)の流出問題が話題になってますね。
みなさんは大丈夫でしたか?

ええ、もちろん僕はやられましたよ!(泣)

6月4日に2件得体のしれない利用履歴がありました。
2件とも「i-tunes」アップル絡みでしたね。

カード会社へ電話したら、
オペレーターから「まずアップル社へ連絡して事実確認する」よう言われました。
めんどうだなーと思いつつもそれに従ってアップルに電話して、
別人のアカウントでカードが使われたことを確認しカード使用停止してもらった。
その後再度カード会社へ電話してその旨を伝え、
ようやくカード再発行手続きをしてもらいました。(ちなみに楽天カード)

数日後に新しいカードが到着しましたが、もうここではカード決済したくないですね。
現在はfx-onではカード決済できなくなっています。
暫定措置なんだろうけれど銀行振込手数料分として値引きがありました。
銀行振込を選ぶと商品価格の1%弱のお値引きがあります。

まあそれでもコンビニ決済が手数料をわずか取られたとしても安心かも。


これは今後fx-onが会社存続できるのか心配になるほどの大事件な気がしますが、
現在のfx-onのサイトを見ても、今回の事件についてほとんど触れていないんですよね...
「カード決済システムメンテナンス」って・・・?

6月5日にfx-onから個人情報が流出した可能性があるという趣旨のメールが届きました。
このメールが届いた人と届かなかった人がいるらしいですが、何故なんでしょう?
メールフィルターに引っかかったとか?まさかね、謎。

とにかくfx-onには漏洩した原因をしっかり突き止めて、
今後は再発しないようにきちんとした対策をしてもらいたいです。

livedoor プロフィール
最近のコメント
楽天市場